クロの制作日記

0から始めるGitHub入門 第二回 (リポジトリの作成とコードの公開)

前回はGitHubの概要とアカウントの登録までを行いました。
kurora-shumpei.hatenablog.com

今回は、実際にリポジトリ(GitHub上のプロジェクト)作成とコードの公開方法を解説していきます。

では早速始めていきましょう。


今回の記事作成する際に参考にした本です。


GitHub実践入門──Pull Requestによる開発の変革 WEB+DB PRESS plus

リポジトリとは

前回の記事で、Gitは「分散型バージョン管理システム」と説明しました。

少しおさらいをすると、Gitは、過去に変更した箇所を記録しており、いつでも過去のバージョンに戻したりすることができるんでしたよね。

リポジトリはそのようなバージョン管理を行うためにファイルやディレクトリの状態(何が変更されたかなど)を記録・保存する場所のことを指します。

バージョン管理を行いたいディレクトリやファイルをリポジトリの中に置くことで、そのディレクトリやファイルの変更履歴を管理することができます。

f:id:kurora-shumpei:20190202164812p:plain
リポジトリ概要

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

バージョン管理システムの要と言っても過言は無いリポジトリですが、Gitでは、ローカルリポジトリリモートリポジトリといった二種類のリポジトリが存在します。

この二つのリポジトリの違いは、

  • リモートリポジトリ:サーバー上に存在(複数人で共有用)

大体こんな感じです。

このように二種類のリポジトリを用いることで、作業中のディレクトリやファイルはローカルリポジトリに、作業が完了したディレクトリやファイルはリモートリポジトリに置くといった二段階構造を作ることができます。

もちろん、別の人の作業内容をリモートリポジトリから取得することもできます。

これのおかげで、プログラマは作業中のディレクトリやファイルを別の人に書き換えられたりする心配をせずに、作業をすることができるのです。いやあ便利ですね。

f:id:kurora-shumpei:20190202174510p:plain
ローカルリポジトリとリモートリポジトリ




リポジトリの作成

では実際にリポジトリを作成してみましょう。

リポジトリを作成する方法は以下の三つがあります。

  • リモートリポジトリをコピーして作成(clone)

二つ目の「ローカルにあるディレクトリをリポジトリ(ローカル)として登録」はまた次回にします。

なので、今回は一つ目の「GitHub上で新しくリポジトリ(リモート)を作成」をしてから、「リモートリポジトリをコピーして作成(clone)」をしていきます。

GitHub上で新しくリポジトリを作成

以下の画像のように右上の + マークをクリックして、「New repository」を選択してください。

f:id:kurora-shumpei:20190203111353p:plain
リポジトリを作成

そうすると、以下の画面が出てきますので、新しくリポジトリを作成してみましょう。

f:id:kurora-shumpei:20190203112533p:plain
リポジトリ作成画面

Repository name

リポジトリの名前を入力します。名前は好きなようにしてもらって構いませんが、今回は「HelloGitHub」に設定しておきます。

Description

リポジトリの説明を設定できます。ただ、別に入力しなくても問題ないので今回はスルーします。

Public, Private

ここでは、作成するリポジトリを「Public(公開)」か「Private(非公開)」のどちらかに選択できます。公開(Public)にすると、全世界の人があなたのリポジトリにアクセスできるようになります。逆に、非公開(Private)にするとアクセス制限を設定することができます。今回は「Public」にしておきましょう。

Initialize this repository with a README

この項目にはチェックを入れておきましょう。GitHubリポジトリの初期化とREADMEファイルの設置を自動でやってくれます。

Add ,gitignoe

このプルダウンメニューでは、.gitignoreファイルを初期化時に作成してくれます。.gitignoreファイルとは、Gitリポジトリでの管理対象外のファイルやディレクトリを記述するファイルのことです。このファイルを作成しておくと、毎回毎回フレームワークに合わせて設定する必要はなくなります。なので、このリポジトリで使用するフレームワークをプルダウンメニューから選択するようにしておきましょう。ただ、今回は特にフレームワークを使用しないので、選ばなくても大丈夫です。

Add a license

ここでは、ライセンスの設定をすることができます。先ほど言ったようにGitHubリポジトリを公開することができます。その公開したリポジトリをどの範囲まで使用してよいかといった取り決めを明記するのがライセンスです。

ライセンスにはどのような種類があるのかは以下の記事を参考にしてください。
qiita.com

ただ、この項目も今回は必要ないので選ばなくても大丈夫です。

これで設定は完了しましたので、「Create repository」をクリックしてリポジトリを作成しましょう。

ソースコードを公開

リポジトリを作成すると以下の画面が表示されます。

f:id:kurora-shumpei:20190203121613p:plain
HelloGitHubの画面

このリポジトリを使ってソースコードを公開してみましょう。

clone

このリポジトリGitHub上に存在するだけで、自分のPC上(ローカル)には存在しません。なのでGitHub上にあるリポジトリをローカルに持ってくる必要があります。その作業のことを「clone」といいます。

cloneの方法は、まず、このリポジトリのパス(URLみたいなもの)をコピーします。

パスのコピーは以下の画像の赤枠に囲まれている「Clone or download」をクリックし、表示されるパスの右にあるアイコンをクリックすればできます。

f:id:kurora-shumpei:20190203123209p:plain
clone or download

そして、PCで端末(WindowsならGit Bash)を開いて以下のコマンドを入力してください。(リポジトリを置くようのディレクトリに移動した方が良いと思います。特に決めてないなら、DesktopとかDocumentに)

git clone https://github.com/ユーザ名/HelloGitHub.git

clone以降は先ほどコピーしてきたパスをペーストしてくれたら大丈夫です。

そうすると、今いるディレクトリ直下に「HelloGitHub」というディレクトリが作成されたと思います。

これで、リポジトリをローカルに持ってくることに成功しました。

コードを作成

せっかくリポジトリを作成したので、実際にコードを公開してみましょう。

今回は適当にpythonで、Hello GitHubと出力するコードを作成しました。

print('Hello GitHub')

これをHelloGItHub.pyというファイル名で、「HelloGitHub」ディレクトリに保存しましょう。

addとcommit、そしてpush

リポジトリに今作成したファイルを追加しましょう。

詳しいことは次回説明しますので、今から記述するコマンドを入力していってください。

git add HelloGitHub.py
git commit -m "Add HelloGitHub.py"
git push

この三つのコマンドを入力することでリポジトリにHelloGitHub.pyを登録することができます。

これで、取り敢えずGitHubにコードが公開することができました。お疲れ様です。

公開されたコードはGitHub上で確認することができますので、先ほどcloneしたときに使用したパスにアクセスしてみてください。

最後に

これでリポジトリの作成とコードの公開をすることができました。

次回は、ローカルリポジトリにコミットするためのGitコマンドの使い方を一通り説明していきます。

今回の記事作成する際に参考にした本です。


GitHub実践入門──Pull Requestによる開発の変革 WEB+DB PRESS plus

次回
kurora-shumpei.hatenablog.com