クロの制作日記

Tensorflowのwhile_loopで配列に値を結合する方法

最初に tf.while_loopで以下のように配列に値を結合していくとエラーが吐かれます。 def add(x): return x+1 def condition(_i, x): return _i < 4 def update(_i, x): x = tf.concat([x, [_i]],axis=0) return _i+1, x ind = tf.constant(0) v1 = tf.Variab…

tf.condで引数ありの関数を使いたい場合

Tensorflow1.x系でif文のような条件分岐を実装したい場合はtf.condを利用します(Tensorflow2.x系でも使用可能)。 www.tensorflow.orgtf.condは以下のような引数を渡してあげる必要があります。 tf.cond( pred # 条件式(直接True or Falseを指定可能) true_fn…

tensorflowでのジャグ配列の扱い(tf.ragged.stackとtf.stack・tf.concatの違い)

最初に Tensorflowではnumpyやlistのように標準のTensorオブジェクトではジャグ配列に対応していません。ですが、tf.raggedを使用すればジャグ配列にも対応することができます。今回はそのtf.raggedの簡単な使い方とtf.concatやtf.ragged.stackの違いを解説…

初心者が頑張るTensorflow2入門(NN + CNNでのmnist分類)

最初に 前回の記事でTensorflow1.13.1のEager Executionでmnistの分類モデルを作成しました。 www.kuroshum.com上の記事はほんの何時間前かに作成した記事なのですが、tensorflow1.15でないと使えない関数があり、色々と面倒になったのでTensorflow2に鞍替え…

tf.functionの注意点

最初に Tensorflow2.x系ではtf.functionという機能が追加されてています。(tensorflow1.x系のeagerモードでも使えるかもしれませんが、確認していないです...) www.tensorflow.orgTensorflow2.x系はdefine by runで実行されるので、tensorflow1.xのように計…

初心者が頑張るTensorflow1.13.1 eager execution入門(mnist分類)

はじめに Tensorflow1.Xでは以下の記事で解説したようにDefine and Runで実行するのがデフォルトでした。 www.kuroshum.comDefine and Runとは以下の画像のように、最初に処理の金型(グラフ)を作成してから実行する際にデータを入力することで、処理を行う形…

初心者が頑張るゲームプログラミングC++の練習問題5(シェーダーを用いたゲーム開発)

ゲームプログラミングC++ 練習問題の内容 練習問題の解答 個人的に詰まったとこ memset シェーダー シェーダーの役割 OpenGLとGLSL inとoutとuniform シェーダープログラム完成までの流れ 頂点カラーの渡し方 最後に ゲームプログラミングC++ 以下の本でSDL…